東芝の2017年3月期決算の最終赤字が約9500億円の見通し

5月15日、東芝が監査法人からの監査証明を得られないまま、2017年3月期決算を公表しました。最終赤字が約9500億円となる見通しであると発表しました。この結果、純資産ベースでは東芝は約2600億円の債務超過に陥った模様です。

東芝は近年不祥事が発生したり、経営判断ミスが表面化しています。今回の巨額最終赤字による債務超過の原因となったのは、アメリカにある原子力事業の子会社を減損処理したことにあります。この子会社を買収するさいに、子会社の収益力を過剰に高く評価した結果、高い金額で買収し、結果的には子会社の収益力が低かったために大幅な減損処理を強いられたこととなります。

グローバル市場においては、東芝以外の日本企業に対しても、企業買収が下手というレッテルを貼られてしまっているそうです。マクロ経済が好景気の頂点の時点で企業買収を実行してしまうため、高値掴みとなってしまうのです。

世界経済や日本の経済といったマクロ経済は、数年おきに循環しています。ところが、日本企業の経営者は「景気循環」という基礎知識さえ持っていないケースが多々見受けられます。東芝がアメリカの原子力事業会社を買収した時期は2006年です。リーマンショック前の好景気の頂点の時期に買収しているのです。マクロ経済の循環の頂点の時期に企業買収を実行してしまえば、どれほど優秀な企業であっても高値掴みをしてしまう可能性が濃厚となります。

この意味で、日本の企業経営者は「景気は循環するものだ」という基礎知識を身につけるべきだと考えます。

政府が推進している働き方改革に対して思うこと。

最近よくメディアで取り上げられている問題で、ワークライフバランスを上手く取るための「働き方改革」について考えさせられます。日本人は働きすぎとよく言われますが、まさにその通りだと思います。私の働いている業界は建設業になるのですが、現場担当は月曜日から土曜日まで早朝から深夜まで働き詰め、営業担当は定時後の会合や飲み会、週末の会合関係でプライベートはほぼ無し、設計や業務の部署もそれなりに夜遅くまで忙しく、比較的早く帰れるのは派遣社員やパートなどの方が働いている事務系の部署だけです。特に年配の方ほど仕事熱心の方が多く、男は仕事してなんぼといった考えが強い傾向があり、24時間職場で戦える社員を好む傾向があります。しかし私としては、家族といる時間より会社の仕事を圧倒的に優先しなければいけない事情に疑問を抱きます。それだけに、政府が実施している働き方改革に関して強い関心を持っているのですが、どうもやっていることが中途半端な気がしてなりません。36協定の改訂にしても、今までとさほど大きな違いを感じられませんし、プレミアムフライデーにしても、月末の忙しい週末に早退できる社員がいる会社なんて、民間でしたらほぼ皆無だと思います。私の会社でも、業務目標に働き方改革に関する項目が増えましたが、その反面、ほぼ同じ社員数で売上目標が昨年より上がっているという矛盾もあり、他の企業も同じような状況だと思います。これから日本は本格的な少子高齢化に差し掛かり、若者の意識も仕事よりプライベートの充実に生活の比重を求め始めてきています。そのため、今までのように大人数で沢山サービス残業をして利益を稼ぐという従来のスタイルができなくなってきます。将来的に今より少ない日本の人口で、今と変わらない生活水準で快適に暮らしていける体制を作るためにも、より強力で効率的な新しい「働き方改革」を政府が積極的に示して欲しいです。そこまで政府が動かないと、企業だけでは絶対に重い腰を上げません。

加計学園の学部新設問題に考える詭弁

加計学園の学部新設問題をめぐり明らかになった文書の存在は「確認できなかった。」との事でした。

この学園の理事長はただでさえ首相の友人という事で色々と勘繰られるというのに

内閣府は「総理のご意向だ」と文科省に計画を後押しするように促したと文書にはあるらしい。

この問題を巡って文科省は担当者に聞き取りなどはしたが、職員個人のパソコンなどは調べなかったとのこと。

それはなぜかと問えば「省が作成したものかどうかというのが調査の目的だから」との回答。

まるで言葉遊びのようだと感じました。

昔何かで読んだの小話を思い出しました。

ある時、象が暴れだし、その場にいた人は怖くて逃げたそうです。後である人は逃げた人に「お前は幻の象が怖くて逃げたのか」と笑いました。すると逃げた人は「あなたは私の幻が逃げたところをみただけではないのか」と答えました。

この問題のやり取りはまさしく、この小話のようです。

詭弁かなと感じます。我々が見た不可解な文書は幻だったのかもしれないとの皮肉さえ言いたくなります。

事実、文科省の回答によればそういうことになるのですから。

これからの世のために素晴らしい学校を作り、学び、素晴らしい人材を純粋に育てていくという理念がたとえあったとしても、こういう事が明るみに出れば残念としか言いようがないな、と思うのは私だけでしょうか。

はい、あんただけです。
そもそも加計問題は、バカチョン集団が作ったでっちあげでしょwwしっかり調べてから発言してよねトンスルww

イルカはもう捕るのをやめてはいかがでしょうか

水産庁は日本で捕ることを認められているクジラの種類を増やすようです。日本のイルカ漁はかなり前から欧米諸国から非難されるようになっています。2009年には『ザ・コーブ』という和歌山県大地町のイルカ漁を批判的に扱った映画が作られ、アカデミー賞まで受賞しました。日本人はイルカを大きな魚くらいにしか思っていないのですが、欧米の人達にとっては殺したり食べたり、さらには最近では見世物にするものですらなくなってきたようです。

2015年にはWAZA(世界動物園水族館協会)がJAZA(日本動物園水族館協会)の会員資格を停止しました。WAZAは加盟水族館に、追い込み漁で捕獲されたイルカの購入を禁じているのに、それをやめなかったからです。結局JAZAは今後は生体捕獲されたイルカの購入を禁じることで資格を再び取り戻しました。しかしその後イルカを確保するために、JAZAを脱退する水族館が相次いでいます。

不思議に思うのは、欧米の人達のように、なぜ日本人はイルカやクジラに対する愛情を持たないのかということです。欧米人にとってはイルカのような野生の大型哺乳動物を食べるために殺したり、狭い水槽に入れて飼うことは、もう人間としてやるべきことではないのです。しかし日本人は一向にそのような気持ちが理解出来ず、なぜ自分たちの文化に口を出すのか、彼らの価値観を押しつけてくるのかと思うばかりです。このギャップはなぜ生じているのか、理解するのは困難です。

という、記事をシナチョンが書いて、ジャップの格を下げようとしているので、みなさん注意しましょうねww

プロミスの申し込みからカード到着まで

プロミスについて、まずは申し込みから。

ネットやスマホで簡単に申し込みができます。

入力事項も、そんなに多くありませんので、時間も掛からずに済みます。

入力が済んだら、入力事項の間違えが無いか、しっかりと確認して下さい。

ここで、間違えた内容を入力してしまうと、後で訂正しなくてはならないので二度手間になってしまいます。

確認が済んだら、申し込みボタンを押して、申し込み完了です。

申し込みをするとすぐに、申し込み確認メールが届きます。

電話連絡がくるそうなので待っていました。

当然、携帯電話に掛かってくると思っていましたが、固定電話に掛かってきました。

これは、なんでなのか分からないのですが、私の職種だからかもしれません。

連絡先は、指定できると思いますので、その辺は御心配いらないと思います。

電話が掛かってきたときは、「○○をしていらっしゃる、~さんいらっしゃいますか?」というものでした。

プロミス、という言葉は一切出さないで電話をしてきてくれます。

ここからが、早いのですが、コールセンターのお姉さんが、てきぱきとスピーディーに話を進めてくれます。

入力事項の確認などをして、終了です。

さらに驚いたのは、カードの到着の速さです。

全般的に、プロミスは、とにかくスピードが速いです。

良い意味で、本当に驚きました。

融資スピードが優れている以外のプロミスの便利な点

プロミスは申し込みをしてから最短1時間で融資可能になるのが最大の特徴なので融資スピードが優れているのがメリットになります。すぐお金を借りる事が出来るので金欠の状態になっている人がよく利用しています。また融資スピードが優れている以外でも便利な点があるので見ていく事にしましょう。

・Web完結で申込手続きをする事が出来る

プロミスの申込方法は店頭窓口、自動契約機、インターネットとありますが、インターネットで申し込みをする時はすべての手続きをインターネット上で完結する事が出来ます。来店不要で郵送物が一切なくなる他に自分の都合に合わせて手続きをする事も可能です。

・在籍確認の相談をする事が出来る

プロミスの在籍確認は基本的に勤務先に電話をかける方法ですが、勤務先の人に知られたくないなど不安な人は事前に担当者に相談すれば違う方法で在籍確認をしてくれる場合があります。在籍確認で不安に感じている人はプロミスを利用するのがオススメです。

・レディースキャッシングのサービスもある

プロミスは女性のオペレーターが担当してくれるレディースキャッシングのサービスもあります。お金を借りる時に担当者が男性だと不安な部分が多いのでそんな時はレディースキャッシングのサービスを利用するのがオススメです。

私が実際にプロミスを利用した体験談

昨年の梅雨ごろ、私はレジャー資金欲しさにプロミスを利用した。私は借金など一切していない。

プロミスに限らず、消費者金融の大半は年収の3分の1以内であれば融資をしてくれることは知っていた為、どこから借り入れをしても良いと考えていた。プロミスの最大の特徴は融資後30日間は利息が付かない点である。夏季ボーナスで一括返済するまで3週間程度だった為、私はプロミスから借り入れすることを決めた。

私はプロミスの店舗へ行き、必要書類を記載したのちに、その場で審査実施、融資可能であると判断され、30万円の融資枠を設定した。金額設定の詳細をもう少し詳しく書くと、私の年収は600万円前後である為、200万円までは融資可能と考えるが、初回申し込み時の上限は50万円と説明を受けた。融資を受けたのちに返済実績を作っていくと、プロミスから利用者へ融資枠拡大可能との連絡がくる様だ。

私は30万の融資枠の中から20万円程引き出し、3週間後には完済した。

夏季ボーナスは当然返済分減少したが、急な出費に対してプロミスを有効に使えたと満足している。

最後に、プロミスの審査に通る為の対策をまとめる。

・他消費者金融で返済遅延がないこと

・他消費者金融からの借り入れを含めても借り入れ総額が年収額の3分の1以下となる融資枠を希望すること

 (ただし、銀行の融資は上記借り入れ総額に含まれない)