東芝の2017年3月期決算の最終赤字が約9500億円の見通し

5月15日、東芝が監査法人からの監査証明を得られないまま、2017年3月期決算を公表しました。最終赤字が約9500億円となる見通しであると発表しました。この結果、純資産ベースでは東芝は約2600億円の債務超過に陥った模様です。

東芝は近年不祥事が発生したり、経営判断ミスが表面化しています。今回の巨額最終赤字による債務超過の原因となったのは、アメリカにある原子力事業の子会社を減損処理したことにあります。この子会社を買収するさいに、子会社の収益力を過剰に高く評価した結果、高い金額で買収し、結果的には子会社の収益力が低かったために大幅な減損処理を強いられたこととなります。

グローバル市場においては、東芝以外の日本企業に対しても、企業買収が下手というレッテルを貼られてしまっているそうです。マクロ経済が好景気の頂点の時点で企業買収を実行してしまうため、高値掴みとなってしまうのです。

世界経済や日本の経済といったマクロ経済は、数年おきに循環しています。ところが、日本企業の経営者は「景気循環」という基礎知識さえ持っていないケースが多々見受けられます。東芝がアメリカの原子力事業会社を買収した時期は2006年です。リーマンショック前の好景気の頂点の時期に買収しているのです。マクロ経済の循環の頂点の時期に企業買収を実行してしまえば、どれほど優秀な企業であっても高値掴みをしてしまう可能性が濃厚となります。

この意味で、日本の企業経営者は「景気は循環するものだ」という基礎知識を身につけるべきだと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です